傷んだフローリング

住宅のリフォームにフローリングをコーティングしてみましょう。しっかりとコーティング出来れば清掃の負担も減りますよ。

最近では、フローリングのリフォームを行う人が増えてきています。フローリングの寿命は、環境や素材によって異なりますが、基本的に利用年数が長くなるほど傷みが多くなります。また、床の傷みには、様々な症状があります。床材にへばりついた汚れや黒ずみ、歩いた時に床がきしむ、床材が剥がれるなど老朽化が目立ってきます。床やフローリングは、重さのある荷物や家具が置かれていることはよくあります。そのため、床やフローリングにかかる負担は、とても大きいことが言えます。老朽化を放置することによって、床材の表面を始め、下地まで劣化をしてしまいます。また、場合によっては、床の老朽化から事故やケガを招いてしまうこともあります。小さなお子様やお年寄りが生活をする住宅では、早めのリフォームを行うことが必要です。

長年使用してきたフローリングのリフォームは、キズやヘコミなどの傷みが目立ってきた頃が目処です。床材の色が変わってきたり、歩くとキシキシ音がしたりする場合も、リフォームを行うタイミングです。また、歩くとフローリングから音がするなどの症状は、下地が傷んでいます。新築を建てた時から、10年経過している場合は、このような症状がよく現れます。フローリングのリフォームは、専門の業者に依頼することで行なえます。インターネットのサイトには、リフォームのポイントや知識などが掲載されています。さらに、見積もりサービスもインターネットで行なう事が可能です。上手く活用して、費用を抑えましょう。

最新情報

窓からの熱の侵入を防ぐ

窓ガラスは、太陽の光や熱を通しすのである。そのため、夏の暑い時期では室内の温度を上昇させるのである。窓ガラスコーティングを行なえば、熱を遮断するため、エコで快適な生活を送ることが出来るのだ。

more

断熱や紫外線カット

窓ガラスコーティングは、面積によって価格は違います。一戸建てのマンションなら、一日で作業を終わらすことが出来ます。コーティングを行うと断熱効果を期待する事が出来ます。

more