断熱や紫外線カット

単価は1平方メートルあたり1万5千円程度です

窓ガラスのコーティングは、従来のフィルムをはる方法とは全く異なり、窓ガラスに直接コーティング剤を塗ります。単価は1平方メートルあたり1万4千円から1万5千円程度です。これに別に施工料がかかります。また面積に応じて単価が異なることがあり、注意が必要です。面積が広いほど単価は安くなりますが、一般家庭であれば、それほどの面積がないため、1平方メートル当たり1万5千程度が相場と思われます。一般家庭の戸建てやマンションであれば、1日に1人で20から30平方メートルの施工が可能です。つまり普通の戸建てやマンションであれば一日で終わるということです。1回のコーティングで20年は効果が持続すると言われています。

断熱や紫外線カットなどの効果があります

窓ガラスのコーティングにはさまざまな長所があります。まず高い断熱効果です。外の熱い空気や冷たい空気を遮断します。暖房の熱が逃げるのは窓からと言われています。断熱効果の高いコーティングを施すことで冷暖房費の節約になります。結露の防止にもなります。またUVカット率は99パーセント、赤外線カット率は90パーセントになり、カーテンをしていなくても紫外線や赤外線のカットができます。窓からの眺めを確保します。吹き抜けの高い窓や天窓など、カーテンをしない窓にも業者は対応しています。コーティング剤はクリヤな透明感を維持するので、お手入れも簡単にすみます。窓ガラスにコーティングを施すことで、ガラスの表面の硬度があがり、傷がつきにくくなります。このような利点から、窓ガラスのコーティングは人気があります。